彼女の説明書

これをしたら最悪!彼女が信用できない…と彼氏に思われる5つの行動

更新日:

これをしたら最悪!彼女が信用できない…と彼氏に思われる5つの行動

知らず知らずの内に、彼氏の信用をどんどん失ってしまうような行動、取っていませんか?

こういった事は、自分では意外と気づかないものです。

長く恋人関係を続けるには、『信用できない彼女』の烙印を押される訳にはいきません。

今回は、俺の彼女は信用できないな…と彼氏に思わせてしまう5つの行動をご紹介していきます。

 

①友達の悪口を言う

これをしたら最悪!彼女が信用できない…と彼氏に思われる5つの行動

「友達の悪口を言う人は信用できない」とは良く言いますが、これをしてしまうのは特に女性に多いです。表面上だけ仲良くしていて、水面下ではと仲が悪いという事が、女性の交友関係では度々あるからです。

スポンサーリンク

男性の場合は、仕事の間柄でもない限りこういった事はしません。好きな人は好き、嫌いな人は嫌いと、きっぱり分けるからです。

なので、彼氏に友達の悪口を言ってしまうと、「あんなに仲良さそうなのに、猫被っていたのか?」「もしかして、今も猫被っているんだろうか?」と勘繰られてしまい、あなたの信用度が下がってしまいます。友達の悪口を言うなら、彼氏に言わずに別の友達に言う方が賢明でしょう。

 

②人の秘密をバラす

これをしたら最悪!彼女が信用できない…と彼氏に思われる5つの行動

二人で話している時に、平気で人の秘密を教えてしまうのも、『信用できない彼女』と思われてしまう原因の一つです。いくら彼氏と仲が良くても、人の秘密をペラペラと話すものではありません。

恋人関係になると、他の人には教えない秘密を共有します。秘密を教え合えるのは、お互いの事を信頼しているからこそです。

もし彼女の口が軽いと分かれば、「自分が教える秘密も、他に人にしゃべられてしまうのではないか?」と警戒します。その結果、相手は以前よりも、秘密を共有してくれなくなるでしょう。

実際に彼氏の秘密を話してしまっていたら、「そんな事他人に教えるなよ!」と、相手を怒らせてしまいます。彼女に裏切られたと感じ、信用できないと思ってしまうでしょう。

 

④都合のいい時だけ甘える

これをしたら最悪!彼女が信用できない…と彼氏に思われる5つの行動

さっきまで普通にしていたのに、自分の欲しい物があるとおねだりしてくる…そんな風に、自分の都合の良い時にだけ甘えるのは、彼女として信用できない要因の一つです。

スポンサーリンク

都合の良い時だけ甘えるというのは、相手の気持ちを考えずに、自分の気持ちや都合ばかりを優先させるという事です。友達にそんな人がいたら、あなただってその人を信用できないですよね?

それと同じで、彼氏だって「こいつ本当に都合がいい奴だな」と呆れてしまうでしょう。自分にとって都合のいい行動ばかりはやめて、相手の事を思いやって行動してください。

 

④交友関係が派手すぎる

これをしたら最悪!彼女が信用できない…と彼氏に思われる5つの行動

交友関係が広いのは、必ずしも悪い事ではありません。しかし、毎日予定が入っていて、誰かと遊んでいるといった派手な交友関係は、彼女として信用し辛くなる要因の一つです。

交友関係が派手という事は、それだけ彼氏との時間が取れないという事です。そのため、お互い会う事も連絡もあまり出来ず、信頼を築く事すら難しくなってしまいます。

更に、自分以外の男性と良く会っているとしたら、彼氏からすれば余計に『信用できない彼女』と思われてしまいます。そうならないためにも、適度に彼氏との時間も取って、信頼関係を構築する事が大事です。

 

⑤彼氏の存在を明かさない

これをしたら最悪!彼女が信用できない…と彼氏に思われる5つの行動

「恥ずかしいから」「めんどくさいから」という様な理由から、彼氏がいるという事をひた隠しにする女性もいます。

気持ちはわからなくもないですが、へたをすると、信用できないと思われる可能性もあります。

「何故わざわざ隠す必要があるの?教えたって問題ないじゃん」というのが、彼氏側の意見です。

理由を説明して相手が納得すればよいですが、できなかった場合には、不信感を持たれてしまうかもしれません。

「隠しているのは、もしかしたら他にも彼氏がいるからでは…?」そんな風に勘ぐってしまう男性だっているのです。

特に重要な理由が無い限り、隠すのは止めた方がよさそうです。

彼氏の気持ちを常に考えて行動しましょうね。

引き続き、「惚れさせる方法」を紹介していきます↓



他にこんな記事も読まれています

-彼女の説明書

Copyright© これはすごい!彼女を惚れさせる方法やテクニック , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.